自動引き落としは、即時に残高反映されない

カードローンは、銀行口座から毎月指定日に自動引き落としの手続きが可能な業者があります。

融資枠が10万円で利用限度額の10万円借りてしまっている場合で、指定日に1万円が自動引き落としされたら 即日1万円借りれるかというと、借りることが出来ません。

銀行口座から引き落としされた情報は、初日の段階では銀行で止まっています。銀行は大勢の自動引き落とし情報を 業者ごとにまとめ終わってから、各業者に引き落としが出来たかどうかの情報を通知する為です。

その為、引き落としされてから業者での借入可能額が反映され、追加で借入れできるまでは数日間時間が必要となります。

ATMでの返済などの手間が省け、返し忘れも防止できますが、返済日から数日間は返済されていない扱いとなります。

ただし、借入可能額が反映されていないからと言っても、返済遅延扱いになる訳ではありません。

銀行と業者とのやり取りの都合で発生した時間差によるものですので、引き落としされていれば問題ありません。

業者に問い合わせても把握されていない

自動引き落とし後、利用可能額が増えていない事が不安で業者に確認した場合、業者の回答としては 銀行から未だ情報が来ていないとしか答えてきません。予定通りに引き落としされていれば問題無いので、 数日待ってから確認して下さいと回答されます。

しかし、どうしても急な出費で新たな借入れをしたい場合で、ある程度、取引期間が経過していた場合は、 業者に増枠のお願いをしてみるのも1つの手段です。利用可能額が戻るのを待つことなく、即時借入れも出来ますし、 増枠による金利の値下げも期待出来ます。

返済日に新たな借入れをしたい場合

自動引き落としでは返済情報が数日間反映されない為、返済直後に新たな借入れを計画している場合には非常に不便です。

その対処法としては、新たな借入れをしたい月の返済を、自動引き落としの前日、もしくは当日にATMで返済してしまう事です。

本来、自動引き落としですから、銀行口座経由での返済となりますが、その月のみATMで返済した事を業者に伝えることで、 残高不足による引き落とし不可扱いを回避することが可能となり、返済当日に利用可能額が増え、即日新たな借入れをすることが 出来ます。

ただし、返済直後の借入れは、個人信用情報に登録されますので、何度も繰り返してしまうと、お金に困っていると 判断されるケースがあり、新たな借入れ時に不利になってしまう場合がありますので、注意が必要です。

角野論太郎 Presents

それぞれの特徴

スタートガイド

上手な利用法

カードローン予備知識