借入れは収入があることが前提

パートやアルバイトなど、少しでも収入があれば借入れ可能ですが、専業主婦のように無収入ですと、 借入れすることはできません。また、借入限度額は年収の3分の1以内でなければならない総量規制という 法律も存在します。しかし、どうしても急な出費があり借入れしたい場合を考慮した例外があります。

本人に収入が無い場合でも、ご主人を含め、配偶者と合わせた年収の3分の1以下までなら貸付け可能という 「配偶者貸付」という制度が設けられています。つまり、ご主人に収入があれば、専業主婦でも借りることが 出来るのです。1つめのハードルは、「ご主人と合わせた総量規制内の借入れ」となることです。

しかし、専業主婦の方が配偶者貸付制度を利用する場合は、ご主人の同意書、住民票など婚姻関係が証明できる書類、 ご主人の収入証明が必要となります。申込みや借入れするのは専業主婦の方であっても、審査対象者は収入のある ご主人になります。2つめのハードルは「ご主人の同意書が必要」となることです。

従って、専業主婦の方がご主人に内緒で借入れするのは、非常に難しいという事です。 3つめのハードルは「内緒での借入れは難しい」という点です。

また、配偶者貸付制度が利用できる業者が、あまり多くありません。大手消費者金融業者は、ほとんど扱っていませんので、 業者探しにも時間が掛かります。専業主婦がカードローンを申し込むのは、ハードルも高く、間口も狭いのが実情です。

専業主婦が借入れする為には

専業主婦が借入れする為には3つのハードルを越えなければなりません。つまりご主人が合意する必要があるのです。

しかし、素直に合意するご主人ばかりではありませんし、内緒で借入れしたいという方も多いと思います。

そのような方には、総量規制対象外となる銀行系カードローンであれば、収入の有無は関係なくなりますので、 借入れできる可能性があります。契約条件に収入がある事と規定がある場合は、残念ながら利用することはできません。

無事、借入れが出来るようになった場合でも融資枠は少なめで、金利は上限である18%が適用されるケースが多い為、 契約内容を確認した上での利用を心がけて下さい。

クレジットカードの利用も検討する

一部のクレジットカードには、キャッシングできる機能も付いています。新たにカードローンを組めない専業主婦の方は、 クレジットカードの契約内容を確認し、キャッシングが可能であれば利用も検討しましょう。 金利は高めですが、小額であれば利用価値はあります。

角野論太郎 Presents

それぞれの特徴

スタートガイド

上手な利用法

カードローン予備知識