利用明細は希望しない限り送られてこない

カードローンの利用明細が自宅に送られてくることで、家族にバレてしまうのではと不安な方がいるかと思います。

基本的に、利用明細は希望しない限り送られてくることはありません。最近では、WEB明細やスマートフォンで 確認できる明細サービスを提供している会社もあります。あくまで個人との取引となりますので、希望が通ります。

また、返済を忘れてしまった場合でも、催促の電話はあっても、郵送での催促はありません。

郵送されてくる場合は、返済の催促を無視するなど、会社が悪質と判断した場合のみです。

催促される前に必ず返済するか、返済が遅れてしまう場合は、自分からお願いすることで、回避可能です。

提供されているサービスは、業者によりさまざまですので、まずは調べてみたり、コールセンターへ確認するなど、 自分に合ったサービスが受けられる会社を探してから、申し込むのが得策と言えます。

郵送物は会社名を伏せているものが通常

返済を忘れてしまった場合、利用明細を含めた書類が自宅に送られてくるケースも存在します。

自宅に送られてきた際、家族にバレてしまうかと不安になりますが、消費者金融の場合は、差出人には 会社名やカードローンなどと言った記載は伏せられており、個人名で送られてくることがほとんどです。

また、銀行系カードローンの場合は、クレジットカードの利用明細書のような封筒で郵送されてきますので、 見た目では、カードローンを利用しているというのは、わかりません。

ただし、何かしら郵送物があれば、家族は何の書類なのか知りたがるのが人間の心理です。

銀行系であれば、クレジットカードを作ったなどの理由が通用しますが、個人名での郵送物では難しくなります。 あらかじめ、理由も考えておくことをお勧めします。

利用明細以外の郵送物に注意

利用明細を郵送不可にする対策は行えますが、ローン契約書類を郵送で行っている場合は、申込み関連の 書類が自宅に届いてしまいます。これでは、家族に内緒で利用することを考えている方にとっては、 申込み時点でバレてしまい、カードが作れない結果になることも予想されます。

消費者金融の申込みの際は、自動契約機で申込みを行えば、その場で契約書を受取ることが出来ますので、 自宅へ郵送されることはありません。

また、書類を自宅ではなく、勤務先へ郵送するのは避けた方が無難です。 会社には色々な書類が送られてきており、仕事に関係ない書類など敏感な方は察してしまいます。

基本的には郵送されない対策が望ましいです。

角野論太郎 Presents

それぞれの特徴

スタートガイド

上手な利用法

カードローン予備知識