個人の信用で融資する

カードローンは、年齢・収入・職業・勤務年数・他の借入れや返済状況など、業者ごとの審査基準に照らし合わせ、 きちんと返済できるであろうと判断された場合に貸出しを行う、いわば信用取引となります。

仮に、収入や勤務先に嘘があった場合は、当然ですが信用されませんので、審査は通らないこととなります。

申し込みの際は嘘をつかず、正しい内容を伝える必要があります。この信用状況により、融資枠の判断も行われます。

特に他の借入れについては、信用登録機関を確認することで直ぐにバレますので、正しい申告を行いましょう。

保証人は存在する

個人で借入れを行う際、連帯保証人などは不要とされていますが、自分自身を保証してくれる保証会社というものが 存在します。保証会社とは、この人であればお金を貸しても問題無い人として保証しますよと言ってくれる機関です。

業者は、保証人の役割を果たす保証会社がOKを出した場合、融資してくれることになります。

通常、借入れは業者から行いますが、返済不能になった場合は、自分に変わって保証会社が債務を弁済する ことになり、業者は痛手を負いません。

しかし、借入していた分は、保証会社に支払っていく必要があります。 業者から保証会社へ返済する方法に切り替わった時点で、業者は返済不能になったことを事故情報として 信用情報機関に登録します。登録機関には【異動】と登録され、この異動とは金融事故を意味するものとなります。

保証会社は弁済した分の返済を求めてきます。返済に応じない場合、最悪のケースでは訴訟を起こされることになります。 信用を落とさない為、節度のある利用と返済遅延を起さないよう心がける必要があります。

無担保の分、金利は高め

住宅ローンや自動車ローンなどは、返済が滞ってしまった場合、担保として差し押さられるものがある為、金利は低めですが、 カードローンは担保がありません。

その分、融資したお金が回収できない場合のリスクとして金利を高めに設定しています。

自分が返せない場合のみならず、業者を利用している別の人が返済できなくなった場合に赤字にならないよう、他の人の金利で 回収不能分をまかなおうという考えがある為です。

しかし、回収不能になった分は保証会社に弁済してもらいますので、 実質的に赤字になることはありえません。いずれにしても、信用取引のリスクが金利として現れていると考えるのが一般的です。

尚、融資枠が大きくなると、合わせて金利も低くなりますが、言い換えれば信用が高いということを意味しています。 金利を低くする為には、信用を高めることが一番の近道です。

角野論太郎 Presents

それぞれの特徴

スタートガイド

上手な利用法

カードローン予備知識