始めて利用する場合

カードローンを始めて利用する場合、20万円から30万円までの利用枠がもらえるのが通常です。 収入にもよりますが、サラリーマンなどは初回50万円枠までというケースも存在します。

利用目的は自由ですが、何に使うか尋ねられます。お小遣いの補てんや、急な出費など色々あると思いますが、 初回は10万円程度を利用したいと伝えた方が無難です。ただし、ギャンブルなどの目的に関しては、 断られるケースもあるようです。その場合、お勧めは出来ませんが、別の理由を伝えるのが無難です。

初回ということは、ローン会社との取引実績は一切ありませんので、それほど大きな枠は与えられません。

当然ですが、ローン会社もリスクは嫌う為です。まずは、欲張らず借入れ申込みをする事が大切です。

最大では年収の3分の1以内

消費者金融などの借入れは、総額で年収の3分の1までの範囲内と法律で決められています。

この法律を 総量規制と言います。借入れ件数ではなく借入総額ですので、1社のみであっても複数から借入れしている場合でも、 関係ありません。

また、審査では借入総額の判断を行う際、自己申告に加え、個人信用情報に照会を行い、 申込みしている会社の利用限度額を合算して判断します。例えば2社と契約していて、それぞれから50万円の枠がある場合、 使っていなくても100万円の借入れをしていると判断されます。使っていないと伝えても、将来使えてしまうからです。

1社の借入れではなく、全ての借入れ、契約状況を把握しておく必要があります。

増枠も可能

初回の申込み時に50万円だった利用枠が、返済遅延なく、きちんとした利用を続けている場合は、ローン会社への実績を 積み上げるいくことになり、優良と判断された場合は、融資の増枠提案がされるケースがあります。

段階的ではありますが、50万円から80万円、80万円から100万円という具合です。 増枠のメリットは、借入可能枠が増えることだけではなく、金利も下がることです。初回の申込み時に金利が18%で、 増枠することで15%になった場合、3%も金利が下がることになりますから、利息分だけでも大きな差となります。

電話での増枠案内やATM操作時に増枠可能案内が出ることがありますので、お金を借りない場合でも金利が下がるメリットは 非常に大きいです。ローン会社に限らず、お金に関しては信用、実績を積み上げるのが優良顧客となる為の近道と言えます。

契約内容通りの利用することは当然ですが、この当然のルールを守ることが一番重要です。

角野論太郎 Presents

それぞれの特徴

スタートガイド

上手な利用法

カードローン予備知識