クレジットカードの現金化の仕組み

クレジットカードは、基本的に買い物をする為のカードですので、キャッシング枠が付いていない限り、お金を借りることは できません。しかし、一部の業者では、クレジットカードを現金化することが可能です。

どのような流れかというと、 まずは、業者が指定した店舗で商品を購入します。その商品を指定された買取業者に買い取ってもらうという仕組みです。

商品を買ってから売るという一連の流れとなりますが、一般的な質屋とは違います。指定店舗、指定買取業者があります。

10万円の商品をクレジットカードで購入して、8万円程度で買い取ってもらうということになると、2万円は利息として 取られることになります。商品を売った際の8万円は現金で受取れます。

しかし注意が必要なのは、8万円の現金を手にした場合でも、クレジットカードで10万円分買い物をした分は、 当然ですが後日、カード会社から請求が来るということになります。

カード会社からの請求を一括返済できれば良いですが、分割払い、もしくはリボ払いなどにしている場合は、 更に利息が追加で取られることになります。

クレジットカードの現金化は、お金を貸すというものではありませんので、法律で定められている上限金利の18%というのは 通用せず、業者独自の利息、換金率計算となります。

現金を受け取れるというメリット以上に、クレジットカードの 支払いをしていくことのデメリットの方が大きいです。

クレジットカードは30万円や50万円程度の利用枠が設定されていることも多く、その枠全てを現金化してしまった場合、 支払いは、かなりきつくなってしまいます。お金が必要な場合は、素直にカードローンを利用するのが得策です。

カード会社からの問い合わせがある

急な高額商品や不信と思われる店舗での買い物を高い頻度で繰り返していると、クレジットカード会社から 確認の連絡が入る場合があります。カード会社も利用情報を監視し、悪用されることを防止する為です。

そこで現金化の話をした場合は、即クレジットカードの利用は停止されるでしょう。 素直に話をしない場合であっても、利用したか、していないかは尋ねられます。

やはり通常の買い物利用以外は疑問に思われますので、現金化はやめましょう。

被害にあうケースもある

クレジットカードの現金化は、法律が利用者を守ってくれるものではありません。業者独自のルールがあるだけです。

最悪のケースの場合、指定店舗での買い物時、カードをスキミングされる被害も存在しています。

盗み取られたカード情報で勝手に利用されてしまい、請求があって始めて悪用されたと気づくことになってしまいます。

使っていないものに関しては、カード会社独自の調査により、利用していないと判断されれば請求が来ませんが、 確実に利用していないと判断してくれるとも限りません。カードは個人できちんと管理すべきものだからです。

一番の防止策は、現金化などの怪しいところでカードは使わないことが鉄則です。

角野論太郎 Presents

それぞれの特徴

スタートガイド

上手な利用法

カードローン予備知識