学生がお金を借りる為には

お金を借りる為には20歳以上という条件があります。学生の場合でも20歳を過ぎていれば、問題ありません。

次に必要となってくる条件は、安定した収入があることです。社会人は働けば収入を得られますが、学生の場合は、 アルバイトなどをするしか、収入を得る手段がありません。

長期的にアルバイトをしており、月々にある程度の収入があれば、借りれる可能性があります。

アルバイトをしている 期間の目安は、最低でも同じ場所で半年以上はアルバイトしておかなければ、安定収入が無いと判断され、審査は 通りにくくなります。まずは、長期的にアルバイトを行い、安定収入を得ているという信用を付ける必要があります。

お金を借りれる業者はどこ?

学生がお金を借りれる業者ですが、条件を満たしていれば、大手消費者金融でも借入れ出来る可能性があります。

パートやアルバイトなどでも融資可能という広告を目にした事があると思いますが、いずれも借りたお金が返せるかというのが 判断基準となりますので、学生であっても収入があることを証明できれば借入れ可能です。

学生専用のカードローンを扱っている業者もあります。 ただし、学生の本業は学業であって、アルバイトは本業ではありません。従って、融資枠は10万円程度までに設定される ケースが多く、30万円などといった高額融資枠がもらえる事は、まず難しいと考えましょう。

融資枠が少ない分、大手消費者金融でも学生専用ローンであっても、法律で決められた上限金利である18%が適用されますので、 返済を続けても中々元金が減らないという事態に陥らないよう、事前の返済計画を立てた上での借入れをお勧めします。

尚、銀行系カードローンの場合は、条件を満たしていた場合でも、学生という立場から、親の同意書が必要となる 銀行もありますので、借入れしているのをバレるのが嫌な場合は、同意書が不要な業者を探しましょう。

20歳以下の学生はお金を借りれないのか?

お金を借りる条件には20歳以上の必要がありますが、20歳以下の場合は、親の同意書があれば業者で審査可能となっています。

違いは何か?という点では、20歳以上の場合は【申込者個人に対し融資をする】ことであって、20歳以下の場合は 【親の収入などの信用によって融資】することになります。

20歳以下の場合、自分でお金が借りれるのではなく、 親の信用により借りることになり、返済遅延などとなれば、親が肩代わりすることになります。

アルバイトをしていて一定の収入を得ていても未成年である為、成人と同等の扱いはしてもらえません。

角野論太郎 Presents

それぞれの特徴

スタートガイド

上手な利用法

カードローン予備知識