カードローンは使途自由

カードローンは使い道が自由です。旅費、生活費、車の修理代など、借りたお金は自由に使えます。
消費者金融の申込時、参考まで利用用途を聞かれることがありますが、審査に影響することはありません。

しかし、ギャンブルなどの資金として借入れを申し出ると、審査は通りにくくなります。使い道が自由であっても、 お金を借りてまでギャンブルする事が、不要な娯楽の浪費という判断をされる為です。

なお、融資枠内であれば、何度でも借入れできるメリットがあります。 借りたい理由はさまざまですが、新規で50万円がいきなり借りれないかというと、そういう訳でもありません。

もちろん収入にもよりますが、例えば、引越し費用で50万円足りないから借りたい時、その理由を伝えると共に、 不動産会社などからの見積もりを持っていくことで、内容と金額がより明確になる為です。

使い道は自由ですが、借りたい理由や、その金額を借りたい根拠となる書類があれば、より希望する融資に近づきやすくなります。

長い人生で、お金が必要となることは恥じることではありません。まずは気軽に相談することで、不安は解消されます。 お金を借りれたことで解消された負担は、返済する活力となることでしょう。

事業資金としては使えない

カードローンは使い道が自由ですが、あくまで個人への貸付けであって、会社などの法人として申込みをし、 会社の運転資金などとして利用することはできません。自営業の場合であっても、仕事に関わる貸付けは行ってくれません。

カードローンは個人としての利用範囲であることが条件です。

自制心を保つ事が大切

使い道が自由な点は、時に自制心を保つことが必要となります。

1つ目は、返済がきつい月に、月々の返済の為の借入れが出来てしまうからです。もちろん、融資枠内であれば、 何に使っても問題ありません。しかし、借りて返済することは、非常に助かる反面、借入が増えることになります。

一時的には楽になる反面、後での返済に返ってくる苦労が大きくなりますので、借りて返済するのは避けるのが無難です。

2つ目は、無謀な娯楽で浪費しないことです。やはり、人間は欲深く、欲しいものを手にしたがるものです。

カードローンは、いつでもお金を借りることができ、借りる行為はATMでお金を引き出す、いわば銀行の預金と同じ動作です。

この同じ動作により、借りているのでは無く自分のお金と錯覚してしまわないよう、本当に必要なお金のみを借りるよう、 一呼吸おいて、冷静な判断を心がけましょう。

角野論太郎 Presents

それぞれの特徴

スタートガイド

上手な利用法

カードローン予備知識