利用可能額での比較

クレジットカードで利用できるキャッシング枠は、利用総額の半分となります。10万円のクレジットカード利用枠が ある場合は、5万円までキャッシングできます。

一方、カードローンの場合、初回申込みであっても利用可能枠は10万円から30万円の枠が設定されることが多く、 クレジットカードと比較しても、借入可能額が多いので、利便性は高くなります。

金利で比較

クレジットカードは、主に買い物をする時に利用するものであって、キャッシングは、おまけのようなものです。

その為、キャッシング枠が非常に少なく、上限金利の18%が設定されているケースがほとんどです。

カードローンの場合は、キャッシング専用であり、融資枠が大きければその分、金利は低くなります。

同じ額を借りても、カードローンは18%以下の金利で借りれる業者も多い為、キャッシング枠よりメリットが 大きいと言えます。

月々の返済額で比較

10万円を借りた際、カードローンの月々返済額は3,000円程度となります。 キャッシング枠の方は、一括、もしくはリボ払いに変更時は5,000円以上の返済となります。

契約内容にもよりますが、 10,000円のケースも存在します。手持ちが不足しているからこそ借入れする状況ですから、カードローンの方が、 月々の返済も負担が軽く、より使い勝手が良いと言えます。

申込みから利用可能になるまでの日数

カードローンの場合は、最短で即日カードが発行されます。

クレジットカードは申込みから郵送でカードが送られて来るまで、 2週間前後の期間が必要となります。

キャッシング目的でクレジットカードを申し込むという方は少ないと思われますが、 利用したい時に直ぐ使えるのは、圧倒的にカードローンが優位です。

一部のカードローン業者では、クレジットカード機能付きのカード発行も即日可能ですので、利用シーンに合わせ、 申込み先を選択しましょう。

借入れ手数料で比較

カードローンは、業者専用ATM、その他提携銀行ATMなどでの利用手数料は無料です。

クレジットカードでのキャッシングは、1万円までの借入れで100円、1万円以上の借入れで200円に加え、消費税がプラスされた 手数料が掛かるものがほとんどです。

借入れ回数分だけ手数料の支払額が増えてしまいます。

1万円を10回借りただけでも、1,000円の手数料を支払わなければなりません。

手持ち不足でお金を借りる訳ですから、手数料まで支払いたくないと考える方は、カードローンの利用が 一番合う選択となります。

角野論太郎 Presents

それぞれの特徴

スタートガイド

上手な利用法

カードローン予備知識