カードローンの総量規制とは

総量規制とは貸金業者からの借入金額を自分の年収の1/3までに制限する法令です。複数の業者から借入をする場合でも、合計で年収の1/3以内に収めないといけません。

このため仕事に就いてない専業主婦は収入がゼロなので、貸金業者からの借入はかなり難しい状況です。

総量規制には例外なども設けられていて、銀行からの借入は総量規制の対象外となっています。銀行なら専業主婦でもお金を貸してくれるところが結構あります。ただし配偶者に安定した収入があることが条件です。

<借入が可能>
◎ 年収300万円の人 貸金業A社から100万円借りる
◎ 年収300万円の人 A社から60万円 銀行から60万円



<借入が出来ないケース>
× 年収300万円の人 A社から60万円 貸金業B社からも60万円

総量規制の例外と除外

銀行のカードローンは総量規制対象外ですが、他にもいくつか例外や除外規定が存在しています。

<例外>
・おまとめローン
・医療費などの緊急な借入
・個人事業主の事業借入

<除外>
・住宅ローン
・マイカーローン
・高額療養費の借入
・不動産(住居以外)を担保にした借入

注意しないといけない点は、例外と除外は別物ということ。

例外にあたる借入は借入残高に組み込まれてしまいます。年収300万円の人が例外規定で120万円借りると、その人の借入残高はそのまま120万円と記録され、新たに消費者金融などから例外以外で借りようとしても総量規制に引っかかって借りられません。

一方でマイカーローンなどの除外借入は最初から借入残高には入りません。だからマイカーローンで300万円借りていても、新たに消費者金融からお金を借りることが出来るのです。

例外と除外が別物であることは一応おぼえておきましょう。

総量規制でよくある質問

<質問>
現在キャッシュカードを2枚持っていて、どちらもキャッシング枠が50万円ほど付いてます。これも総量規制の対象になる?


<答え>
残念ながらクレジットカードでの借入枠(キャッシング枠)も総量規制の対象です。たとえ銀行で作ったキャッシュカードだとしても、キャッシング枠でお金を貸してくれるのはクレジット会社。こちらは貸金業に当たるため総量規制の対象になります。

しかし同じキャッシュカードでもショッピング枠は対象外というややこしさ。こちらは割賦販売法が適用され、リボ払い、分割払い、ボーナス払いなどでのお買い物は総量規制を受けません。
角野論太郎 Presents

それぞれの特徴

スタートガイド

上手な利用法

カードローン予備知識