カードローンの利息はいくらかかる?

いきなりですがクイズです

10万円を1年間借りたとします。
返済総額はいくらだと思いますか?
※金利は18%とします。

えっ118,000円じゃないの?利息が1万8千円かかるから。

そう思ったアナタ。
間違ってますよ。
利息はおよそ1万円ほどで済みます。

だから返済総額は約110,000円。

利息は毎月計算し直される

なぜ10万円を1年で返済したときの利息は18,000円ではなく、およそ10,000円なのか?

その理由は簡単です。
返済方法の主流となってる残高スライドリボルビング方式では、利息は毎月計算し直されるからです。

10万円を1年後に一括で返済したら、確かに返済総額は118,000円です。でもカードローンの返済は毎月払い。毎月少しづつ返済するから、残金も毎月少しずつ減っていきます。そして利息の計算対象となるのはこの残金の方。借入元金10万円に対してではありません。

返済が進み、例えば残金が半分の5万円になっていたら、利息はその5万円をもとに再計算され、決定されます。

利息の計算対象となる金額自体が毎月どんどん低くなっていくから、「10万円借りたら利息は1万8千円」というような単純計算どおりにはならないのです。

下の表をご覧ください。10万円を1年間で返済した場合のシミュレーションです。毎月9,167円ずつ返済していくことになりますが、毎月そのうちの何%かは利息として引かれます。返済が進むと利息の割合がどんどん減っていくのがわかると思います。

残金 毎月の返済額 利息
1 100,000 9,167 1,479
2 92,312 9,167 1,365
3 84,510 9,167 1,250
4 76,593 9,167 1,133
5 68,559 9,167 1,014
6 60,406 9,167 893
7 52,132 9,167 771
8 43,736 9,167 647
9 35,216 9,167 521
10 26,570 9,167 393
11 17,796 9,167 263
12 8,892 9,023 131
完済 0 - -

総返済額は109,860円になります。冒頭のクイズのとおり総返済額は約11万円、利息は約1万円です。

1年間の利息は単純計算の半分ぐらいの法則

カードローンの金利ってややこしいですよね。

残金×利率÷365×利用日数

こんな計算式を目にしたことがある人も多いと思います。でもこんな式を見せられてもよくわかりませんよね。

でも利息の計算って実はそんなにややこしくありません。ある法則さえ覚えておけば、だいたいの支払総額は簡単に割り出せます。

その法則とはズバリ1年間の利息は単純計算の半分ぐらいという法則。

冒頭のクイズで言えば、10万を1年間で返済した場合、利息は10,000円ぐらい。単純計算したときの18,000円の半分ちょっとぐらいのイメージです。

例えば30万円借りたら、単純計算すると30万円×18%=54,000円が利息になりそうですが、実際はその半分の27,000円ぐらい。総返済額は327,000円ぐらいという計算に。

ちなみに、もし30万円を2年間で返済した場合の利息は、ちょうど54,000円に近い数字になります。2年間借りると単純計算どおりになるとおぼえておくといいです。

ものすごく大雑把な計算式なので実際の総返済額とは若干開きはありますが、だいたいの目安を知りたいときにはすごく助かる法則です。

カードローンの利息は三角形

三角形 1年間の利息は単純計算の半分ぐらい。

この法則が成り立つ理由は、カードローンの利息が四角形ではなく三角形だから。

返済が進んで元金が減っていくと、毎月の利息も右肩下がりで安くなっていきます。はじめの頃は利息もたくさん払わないといけないけど、後半はかなり小額になってきます。

四角形(単純計算)のようにずっと一定額を払うわけではないのです。三角形のように先がどんどん細く尖っていきます。

三角形の面積って四角形の半分ぐらいですよね。カードローンの金利ってちょうどそういうイメージです。

金利や利息でよくある質問

<質問>
毎月2万円ずつ返済してます。明細を見ると利息分がなんと5000円!全然18%じゃないですよね。これって詐欺?


<答え>
金利は残金で計算します。毎月の返済額2万円の18%ではありません。例えばまだ残金が45万円残ってるならその金額に対して例の「残金×利率÷365×利用日数」という計算式から割り出した利息を請求されます。

最初は利息の割合が大きいのが普通です。返済が進むとそのうち5000円⇒4000円⇒3000円という感じで下がってきます。
角野論太郎 Presents

それぞれの特徴

スタートガイド

上手な利用法

カードローン予備知識