お金が返せないとどうなる?

マイホームが差し押さえ カードローンの返済がちょっと遅れたぐらいでは、たいして問題にはなりません。

しかしずっと滞納し続けたり連絡を無視したりしていると大変なことになります。最悪の場合は給与の差し押さえや不動産の差し押さえに発展するケースも。

レベル1. 軽い延滞で起きること

<遅延損害金の支払い>
毎月の支払いでたとえ1日でも返済が遅れると、遅延損害金を課せられます。

これは延滞に対する罰金で、何日延滞したかによって金額が変わってきます。残金に対して年利で20%ぐらいが標準。例えば、返済残金があと10万円のときに1週間延滞したら、遅延損害金は383円
<電話がかかってくる>
延滞が起きるとすぐに電話で連絡が来ます。遅くとも3日以内には何からの連絡があります。

もし連絡がつかないと本人の携帯ではなく家の固定電話や会社にかけてくる場合もあります。業者名は伏せて個人名でかけてきてくれますが、やっぱり嫌ですよね。

返済が1日でも遅れるときは必ず自分から電話を。失業中とかならしばらく返済額を減らしてくれるなど相談にのってくれます。無断で延滞するとやはり印象が悪く、利用枠の減額などその後の処置に影響が出てきます。

レベル2. 重い延滞で起きること

<ブラックリスト入り>
3ヶ月以上返済が遅れると信用情報に事故として記載されてしまいます。ブラックと見なされるため、今後5年以上は新たなローンが組めなくなります。
<頻繁に返済の催促>
業者側の態度が違ってきます。最初は女性オペレーターがやさしく対応してくれていたのに、延滞が続くとやがて男性スタッフにバトンタッチ。厳しい口調に変わります。

電話に出ないなどして無視し続けていると、自宅に督促状が送られてきます。場合によっては自宅訪問ということもあります。

しかし昔みたいな脅迫まがいの取り立ては現在行われていません。取り立てというよりも返済の催促というイメージ。現在では法律で取り立てに細かいルールがいろいろと制定されています。代表的な禁止事項は次のようなもの。

・早朝や深夜の取り立て。
・帰ってくれと言われたのに居座る。
・家族や知人に肩代わりを要求。
・張り紙などして借金のことを周りにバラす嫌がらせ。

レベル3. 悪質な延滞で起きること

<一括返済要求>
電話や督促状を無視し続けたり、返済する気持ちが見られない場合、カードローンの契約が解除され、一括での全額返済を要求されます。

これは次に行われる法的措置への最終警告といえるものです。
<財産の差し押さえ>
法的回収もやむなしと裁判所が判断すると、財産が差し押さえられます。

しかし家財道具や住居は生活に必要なものと見なされ、普通は持っていかれることは少ないです。差し押さえの対象となるのは預貯金と給与。

給与は全額取ってしまうと生活が出来なくなるので、1/4までと決められています。裁判所から職場へ差し押さえの通達が行くので、当然職場の人たちには差し押さえの事実を知られることになります。

返済の延滞でよくある質問

<質問>
私は返せそうにありません。家族に返済義務が移りますか?


<答え>
保証人になっていないなら家族に返済義務はありません。業者側が家族に対して返済の肩代わりを迫る行為自体も禁止されています。
<質問>
絶対返せそうにありません。もう自己破産しかありませんか?

<答え>
どうしようもなくなったときは自己破産か夜逃げしか道は残されていません。弁護士に相談して債務を整理しましょう。返せなかった損害分はカードローンの保証会社がかぶることになります。
角野論太郎 Presents

それぞれの特徴

スタートガイド

上手な利用法

カードローン予備知識