どっちがお得?銀行カードローンと消費者金融の違い

カードローンは大きく2つに分類できます。

・消費者金融のカードローン
・銀行のカードローン

普通に借りるなら銀行のカードローン。銀行の審査に通らない人は消費者金融。世間一般ではそんなイメージです。

それぞれの違いを表にまとめました。見てわかるように銀行カードローンの方が好条件でお金を借りられます。

消費者金融 銀行
金利 高い 低い
借入可能額 最高でも年収の1/3まで 総量規制対象外なので年収の1/3以上を借りられる
審査 普通 厳しい
即日融資 可能 無理な場合も多々ある
人気どころ アイフル
プロミス
モビット
レイク
オリックス銀行

条件が整うなら銀行のカードローンをまずは検討すべきです。総量規制の対象外なので銀行の方が多額の融資に対応してます。「年収の1/3まで」という制限を受けないから、すでに他社から借入があり総量規制ギリギリという場合でも、ある程度の融資が受けられる可能性があります。

金利の面でも銀行の方が低めに設定されていることが多くて有利です。借入額が30万円ぐらいなら金利の差ってそれほど実感できないけど、これが多額の借入となってくるとたとえ1%の差でも返済額が結構違ってきます。借入額が大きくなればなるほど、銀行の低金利が威力を発揮します。

銀行の弱点と消費者金融の利用価値

銀行で借りれるならそれに越したことはありません。しかし問題は審査に通るかどうかです

銀行は審査が厳しいです。たくさん貸すのだから返済能力も厳しく調べられます。審査スピードも遅くて、土日をまたいでしまうと1週間ぐらい待たされることもあります。今すぐお金が欲しい人には向きません。

さらに銀行は自社の口座を持ってるか、あるいは新たに開設するかしないと利用できないことが多くて、いろいろと融通の利かない面もあります。

こうしたデメリットを考えると、小額の借入や短期間の借入なら、利便性が良くていろいろ融通も利く消費者金融でいいやという人もたくさんいます。

信用という面で考えても、当然メガバンクなどの銀行の方が安心はできるのですが、最近の大手消費者金融はたいてい銀行の傘下に入ってます。たとえばアコムは三菱東京UFJ銀行の系列です。

銀行の審査に通るかどうか微妙な人は、低金利や総量規制対象外といった銀行の恩恵が本当に自分に必要か判断して、銀行で借りるか消費者金融で借りるか判断しましょう。

銀行と消費者金融の違いでよくある質問

<質問>
三井住友銀行グループのモビットは銀行のカードローンにあたる?


<答え>
モビットは消費者金融です。グループとはいえ三井住友銀行とは別物です。
<質問>
過去に銀行カードローンで延滞した経歴があります。消費者金融で借りるなら分野が違うのでバレませんよね?


<答え>
バレます。信用情報機関は事故情報などをすべて共有しています。過去の滞納なども当然筒抜けです。
<質問>
自動車ローンを組んでます。新たにお金を借りるなら、総量規制のことがあるので銀行でしか借りられない?

<答え>
担保ありのマイカーローンは総量規制の対象外です。だから消費者金融でも新たな融資を受けられる可能性があります。総量規制の対象外となるものについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

総量規制とは?対象外になるローンもけっこうある
角野論太郎 Presents

それぞれの特徴

スタートガイド

上手な利用法

カードローン予備知識