バレずにこっそり借りるならモビット

モビット

モビット最大の特徴は無店舗経営。ネット上で申込が完了して、利用もネット上だけというスタイルが選択可能。

カード無発行で利用できるから家族にバレにくい!

でも24時間ネットバンキングには対応しておらず、なんだか中途半端な面も。

金利 24時間対応口座 自動引落し
3.0%~18.0% なし 三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行

モビットを利用するメリット

郵便や電話連絡がなし
WEB完結申込なら勤め先確認などの電話連絡はありません。会社に電話がかかってくるのが嫌な人にはありがたいですね。郵便物も送られて来ないから家族にもバレにくい!

カードなしで利用可能
カードローンなのにカードレスというのも不思議な話ですが、モビットのWEB完結申込はカードなしでの利用になります。誰かにカードを見られてしまう心配がないのは大きな安心材料です。

モビットの弱点

24時間ネットバンキングには対応してない
ネットバンキングとの連携が弱いです。24時間webで借入できる対応銀行がありません。夜中にお金が必要になったらコンビニなどのATMから現金で引き出すしかありませんが、web完結申込だとカードレスのため、これも出来ません。つまりweb完結申込では深夜や土日に急にお金が必要になっても借入が不可能ということです。

コンビニATMでは手数料がかかる
@BANK以外のコンビニATMでの借入や返済は手数料が発生します。@BANKのATMってあまり見かけないので、コンビニでは手数料がかかる可能性大です。

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座がないと不便
web完結申込は三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座がないと申し込めません。自動引落での返済に対応してる銀行もこの2つだけ。



気になるあの3つのポイントを重点検証!

1)即日融資
平日14:50までに「申込み⇒審査⇒振込手続き」が完了してたら、即日で融資が可能です。審査の時間などを考慮すると、なるべく早い時間に申込みを開始しておきたいところです。

間に合わない場合は無人契約機へ。web完結申込ではなくノーマル申込みになりますが、夜間や土日でも即日契約・即日融資が可能です。発行されたカードを使ってすぐにATMでお金を借りられます。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

まずネットで契約 ⇒ そのあと無人機へ移動してカードを発行してもらう。

この流れのほうが待たされる時間もカットできてスピーディーです。

平日14:50までに手続きが間に合いそうにないけど、でもどうしてもその日のうちにお金を借りたい!そんな場合は普通のカード発行タイプでの申込みしか選択肢はありません。web完結申込の手軽さはあきらめましょう。
2)審査
審査の基準は他社とほぼ同じです。パートやアルバイトの人でも安定した収入があるなら申込は可能。

web完結申込を選択した場合、勤め先に電話がかかって来ないけど審査は少し慎重になります。社会保険証(もしくは組合保険証)の提出が必須です。自営業の人とかが入ってる国民健康保険ではダメです。

収入証明書の提出基準も少し厳し目です。web完結申込では証明書類の提出を求められる可能性が大。職場に電話をしない代わりに、安定した収入があることを書類で示せというワケです。
3)使い勝手
モビットの使い勝手は、プロミスをダウングレードしたような感じ。

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っている方が便利です。web完結申込などはどちらかの口座が必須になります。

現金で借入や返済をするなら三井住友銀行のATMが便利。他のコンビニATMや銀行ATMではすべて手数料が発生します。

ローソンやファミマに置いてあるチケットとかを発行するメディア端末での返済も可能です。借入はできません。

web完結申込の手軽さが大ウケ

モビットといえばやはりweb完結申込です。勤務先確認の電話が職場にかかって来たら困る!そういう人たちに広く利用されてます。

電話連絡や郵便がないのはもちろん、カードすらありません。お金を借りてることを人に知られたくないというニーズに見事に応えています。


http://www.mobit.ne.jp/

角野論太郎 Presents

それぞれの特徴

スタートガイド

上手な利用法

カードローン予備知識